公開講座

講師紹介

野村真波

講師名

野村 真波(のむら まなみ;看護師,パラリンピック水泳日本代表)

プロフィール

1984年、静岡県生まれ。

高校生の頃、看護師を志し、衛生看護科に進学。

2004年、20歳の時、交通事故に遭い右腕を切断。

2005年、看護師の義手を作るため、単身神戸へ。同年、復学する。

2007年、専門学校卒業し、看護師資格取得。神戸百年記念病院看護師として勤務。

リハビリの一環として、障害者水泳を本格的に始める。

2008年、北京パラリンピック出場、100m平泳ぎ4位、100mバタフライ8位。

2010年、アジアパラリンピック出場、100m平泳ぎ2位。

2012年、ロンドンパラリンピック出場、100m平泳ぎ8位。

講演内容

『あきらめない心と作業療法 ~義手(失った片腕)が与えてくれたもの看護の仕事とバイオリン~』

右腕を事故で失くした自身の体験より、失意のどん底から社会復帰するまでの過程で感じた「夢や希望」を持つことの大切さ、周りの人たちに支えられて生きていることや何事も諦めずに取り組むことが自分を大きく成長させてくれたことを実体験を通じてお話していただきます。

▽公開講座ポスター

ページのトップへ戻る